FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五日目(セント・ファガンズ国立歴史博物館編) - 2018.06.10 Sun

この日はウェールズの首都カーディフへ。
カーディフといったら「お城!アーケード!!はぁはぁ」なイメージだったのですが(スポーツのことも思い出せ私よ)、午前中に訪れた場所が萌えとは違うけどとても面白い場所でした。
写真栄えはあまりしないかな?とツイッターでは載せてなかったのですが、実はこんなところにも行ってました(笑)続きからどうぞ。




昨晩は少々バタついて寝るのが遅くなってしまったので、この日の散歩は朝食前に15分ほどだけ。
散歩というか撮影をしてきました(笑)

IMG_3259.jpg
階段が可愛かったな~

IMG_3282.jpg
待合室。
奥ではツアー仲間さんがもう朝食をとっています。急げ、私たち!



IMG_3288.jpg

IMG_3291.jpg
外の景色。
たくさん羊がいました。



IMG_3300.jpg
朝食はフル・ブレックファストを作って運んでいただけました。
出来立てで美味しかった~

IMG_3296.jpg
ヨーグルト、シリアル、フルーツがたくさんあるのが英国っぽい。

IMG_3295.jpg
菓子パンがスレートの三段トレイの上に乗っていました。




IMG_3318.jpg
カーディフへ向かいます。
地図上ではウェールズの左下にあるペンブロークから右へ右へ行ってちょっと下がるとカーディフです(ざっくり)

IMG_3319.jpg
二時間弱で目的地へ到着。
【セント・ファガンズ国立歴史博物館】
旅行会社の資料では「ウェールズ民族博物館」となっていましたが、昔使われていた名称で現在はこちらが正式名称みたいです。


IMG_3321.jpg
地図を指差して説明してくださっているのはガイドのポールさん。
めちゃくちゃ広い!!!
広大な敷地にウェールズの各地に建っていた古民家を移築して見学できるようにしてあります。
お店などは実際にお買い物が出来るようになってたりしてひとつの村がスポーンとここに入ってるようでした。
英国最大規模の野外博物館だそうです。
右のほうに16世紀のお屋敷が建っていたり、博物館館内でも展示があったりするのですが、あまりにも広すぎるので私たちはガイドさんが指をさしているあたりをぐるっとして帰ってくるコースです。



IMG_3323.jpg

IMG_3347.jpg
あれ?私たちは今どこに来てるんだっけ?村????
と錯覚しそうになります。



IMG_3326.jpg
真っ赤な家。16世紀に建てられた裕福な農家。
木の実で石灰を染めて赤い色を出したそうです。赤は魔よけの色だとか。

IMG_3330.jpg

IMG_3331.jpg

IMG_3336.jpg

IMG_3341.jpg
このように家の中の家具なども再現していて「こんな暮らしをしていたんだ~」と見ることが出来ます。楽しい。
裕福な農家だったのでベッドが少し豪華な気がします。横に置いてある揺りかごが可愛い。



IMG_3349.jpg
石で出来た豚小屋。残念ながら本物の豚はいませんでした。



IMG_3355.jpg
19世紀末期のパン屋さん。
実際に買うことが出来ます。添乗員さんがバラブリスというウェールズ生まれのパン(というかパウンドケーキみたいなもの?)を買って少しずつ分けて下さいました。
Bara Britとは、ウェールズ語でBara=bread(パン)、brith=speckled(たくさんの小さな斑点のついた)という意味だそうで、紅茶に浸したたくさんのドライフルーツやスパイスが入っていてとても美味しかったです。


IMG_3362.jpg
20世紀初頭のポストオフィス。



IMG_3371.jpg
学校というよりは教育系の施設?図書館などが入っていたそうです。



IMG_3368.jpg
この村の中で大人気のスポット、19世紀初頭のスーパーマーケットみたいなところ。
二階はカフェになっています。

IMG_3373.jpg

IMG_3375.jpg
展示してある小物もすべて当時のもの。可愛い…!
別の入り口から入った場所では実際にお買い物が出来ます。



IMG_3379.jpg
スーパーマーケット(的なもの)の隣にはこれまた可愛いお菓子屋さんが。
SHOPはウェールズ語ではSIOPになるんだ~とやっとこのあたりで理解しました(遅いよ!!!)



IMG_3384.jpg
長屋のような建物では色んな年代の家庭の様子がずらーっと再現されていて、奥にいくにつれて年代が新しくなっていきます。

IMG_3391.jpg
一番手前の部屋は1805年頃のもの。

IMG_3400.jpg
一番奥は1985年。だいぶ今に近いです(笑)

IMG_3389.jpg

IMG_3394.jpg
長屋の前には各家庭ごとにあるらしい畑がありました。
こんなところまでしっかり再現されていてすごいな~!


IMG_3406.jpg

IMG_3416.jpg

IMG_3426.jpg
本当に色々な家を見ましたが、このへんで割愛(ぐぬぬ
一箇所でこんなにたくさんの時代の家を見られて、思った以上に楽しかったです。
楽しすぎて、ウェールズ語でしか書かれていないガイドブックをボルゾイと購入して帰りました!笑




IMG_3469.jpg

IMG_3474.jpg
民族博物館を出てバスで20分ほどで町の中心部へ。
午後の観光は待ちに待ったカーディフ城です。
もうすでにお城の一部分が見えて胸が高鳴ります。

と、その前に昼食タイムです。
バスから降りたときにヒルトンが見えたので「昼食があそこだったらいいのにね~うふふ」とみなさんと話していたら

IMG_3486.jpg
ヒルトンだー!!涙


IMG_3489.jpg

IMG_3492.jpg

IMG_3493.jpg
英国ではヒルトンでもアグレッシブスープでした(笑)
ラム肉のステーキもクリームブリュレも美味しかったです。


IMG_3490.jpg
食事中、窓から馬が見えました。
警ら隊かな?馬でパトロールなんて素敵だな~!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://konagi23.blog9.fc2.com/tb.php/589-cf80fb73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

五日目(ランダフ大聖堂編) «  | BLOG TOP |  » 四日目(聖デイヴィッド大聖堂編)

プロフィール

konagi23

Author:konagi23
★作者様、出版社様とは一切関係なくダラダラ妄想を垂れ流しているブログです★


【管理人】ねち
お絵かきと妄想が大好き。
三段トレイ会会員。
たまに「ねち」じゃない名前で同人誌を出したりしてます。

□ツイッター→konagi123
□pixiv→https://www.pixiv.net/member.php?id=2774884
□メール→otomenattou4649●hotmail.co.jp
(●を半角@に直して下さい)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめまして (1)
伯爵と妖精 (36)
伯爵と妖精SS (1)
その他作品 (7)
日々 (13)
お茶 (9)
お知らせ (5)
イベント (0)
イギリス旅行 (9)
2013年春ヨーロッパ旅行 (9)
イギリス旅行2 (7)
スコットランド旅行 (22)
未分類 (0)
英国南西部の旅 (24)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。