FC2ブログ

2018-10

九日目(セント・アンドリューズ編) - 2016.06.11 Sat

午後は、ゴルフをやられる方なら「おお!」となるでしょう、セント・アンドリューズ編です。
セント・アンドリューズ大学がスコットランド内最古の大学になるらしいですよ~
町の名前の由来となっている聖アンドリューはイエス・キリストの使途のひとりで、彼の遺骨をこの地に運んできたのを機に、多くの巡礼者が訪れるようになったとか(突然の豆知識)


ではでは続きからどうぞ~




IMG_1718.jpg

IMG_1721.jpg
お城を出発して約一時間で昼食会場となるパブレストランへ到着。


IMG_1706.jpg
目の前がゴルフ場ということもあって、ゴルフ関連のものが飾ってあったり、テレビで試合風景が流れていたりしました。
(写真にそのどちらの様子も映ってない…だと?)
(あとテレビはいくつかあって、ゴルフだけでなくサッカーの試合も流れていたりしました)


IMG_1711.jpg

IMG_1712.jpg

IMG_1713.jpg
トマトスープ、ビーフ・ステーキ、プディングとアイス

お肉の下に隠れているのはたぶん椎茸。
英国できのこを食べるときはほぼマッシュルームばかりだったのですが、椎茸もあるんですね。
調べてみたら「SHIITAKE」で売っているらしいです。
どうでもいいですが、ボルゾイはSHIITAKEが苦手です☆



IMG_1724.jpg
昼食後はレストランから徒歩3分のゴルフミュージアムへ。
(写真にレストランのあるホテルが映ってるレベルには近い)


IMG_1729.jpg

IMG_1734.jpg

IMG_1744.jpg
英国ゴルフ博物館。
ゴルフ好きにはたぶんたまらない博物館。
ゴルフの歴史が学べます。
貴族がゴルフをプレイしている資料などもありました。

IMG_1745.jpg
ここの博物館のキャラクターの犬のスタンプを押せるお遊びコーナーにみんなで夢中になってました(笑)
インクで押すスタンプじゃなくて、凸凹がつくタイプ。


ゴルフ(というかスポーツ全般)にはあまり興味がなくて、「私も大人になったらゴルフとかやるようになるのかな…あ、とっくに大人だった☆」と気付かされた博物館見学でした。




IMG_1751.jpg
これまた博物館からすぐにあるセント・アンドリューズ・リンクスへ。
小雨がぱらついていて残念。


IMG_1754.jpg

IMG_1749.jpg
全英オープンの舞台となっているオールド・コース。
1552年に作られた世界で最も古いコースになるそうです。


IMG_1752.jpg
ゴルフ競技の世界的な総本山、R&Aのクラブハウス。
R&Aってなんの略だろうと調べたら「ロイヤル・アンド・エンシェント・ゴルフ・クラブ・オブ・セント・アンドリュース」
長いよ!!!

あいにくの天気でしたが、プレイしている方がいました。
世界中のゴルファーの憧れのコースということで、予約の競争率も高いそうです。




IMG_1756.jpg
ゴルフ場からバスで少しだけ移動した場所にある【聖アンドリューズ大聖堂】へ。
12~13世紀に建設された、スコットランドにおける宗教の中心地だったそうですが、16世紀の宗教改革によってほとんどが破壊されてしまったそうです。

IMG_1766.jpg
IMG_1761.jpg


IMG_1775.jpg
「近代ゴルフの父」トム・モリスとその息子であるトム・モリスのお墓。
どちらも同じ名前なのでシニアを付けたりヤングを付けたりして区別しているらしいです。


IMG_1781.jpg

IMG_1783.jpg

IMG_1786.jpg
写真からはあまり伝わりませんが、めちゃくちゃ大きです。高いです。
(日本語ログアウト)

IMG_1770.jpg
聖堂に隣接して建っているセント・ルールズ・タワー(左)は157段の螺旋階段をたどって塔のてっぺんまで行けるらしいです。
敷地には無料で入れるのですが、この塔に登るにはコインが必要になるそうです。
背後まっくらな窓から子供がこちらを見下ろしていて驚きました。

IMG_1792.jpg
出入り口にプレートがあったのですが、これが元の形なのかな

ここから歩いてすぐの場所にセント・アンドリューズ城があるそうです。



大聖堂を出て、バスで約30分。
スコットランド第4の都市【ダンディー】にちょっとだけ寄り道。
この地方で誕生したダンディーケーキがめっちゃ美味しそうです。
ダンディーケーキという名前は聞いたことがあるのですが、てっきりダンディーはdandy(男性のやつ)から来ているかと思ったのですが、dundeeだったのですね!(がびーん)
勉強になりました。


IMG_1795.jpg
広場にあったダンさんの像。
英国で人気のコミック『Desperate Dan』のキャラクターだそうです。

IMG_1798.jpg
自由時間は30分だけなので、さくさくっと散策~

IMG_1800.jpg

IMG_1802.jpg


IMG_1806.jpg
ヴィクトリア女王の像がありました。


IMG_1810.jpg
うう…窓が素敵すぎる。


IMG_1813.jpg

IMG_1814.jpg
建物をぐるっとまわっていくと素敵階段が現れました。
どうやらここが正面になるようです。
マクマナス・ギャラリーズといって、美術館やアートギャラリーが入っているそうです。





集合場所からうっかり離れてしまったので、結構本気で迷子になりかけていましたが、なんとかバスに戻ることが出来てよかったです。
20分ほどでホテルに到着。



IMG_1819.jpg

P6121719.jpg
(撮影:ボルゾイ)
ホテルの外観を上の微妙なアングルでしか撮ってませんでした/(^o^)\


IMG_1820.jpg

IMG_1821.jpg
お庭がとても素敵でした。


IMG_1830.jpg
レストランは温室のような建物の中にありました。
素敵な外観、レストラン、お庭…ヒ●トンの名…!
これは夕食も期待できるぞ!


添乗員さん「本日のメインはパスタです」
私達「わー!この旅でパスタって初めてだよね!嬉しいね~~」


IMG_1831.jpg

IMG_1832.jpg

IMG_1833.jpg
グリーンサラダ、スパゲッティ アラビアータ、チーズケーキとアイス
とても楽しみにしていたパスタですが…





感動的に味がなかったです\(^o^)/



ボルゾイと「これはコックさんが塩を入れ忘れてしまったのか?」「いや、もしかしたら今日は風邪をひいて味がわからないのかも」「もしかしたら日本人のために薄味にしてくれたのかも」と色々な可能性を考えずにはいられませんでした。
先日読んだ英国テーブルウェアの本に「西洋では、最後の味付けをするのは食べる人自身」と書いてあったのですが、これは私達でなんとかしろということだったのでしょうか…(しかしテーブルの上には砂糖しかなかった)
トマト系のパスタを見るたびに思い出します(笑)






スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://konagi23.blog9.fc2.com/tb.php/531-c2da4b09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

十日目(スクーン宮殿・ダンダラックホテル編) «  | BLOG TOP |  » 九日目(ダンノッター城編)

プロフィール

konagi23

Author:konagi23
★作者様、出版社様とは一切関係なくダラダラ妄想を垂れ流しているブログです★


【管理人】ねち
お絵かきと妄想が大好き。
三段トレイ会会員。
たまに「ねち」じゃない名前で同人誌を出したりしてます。

□ツイッター→konagi123
□pixiv→https://www.pixiv.net/member.php?id=2774884
□メール→otomenattou4649●hotmail.co.jp
(●を半角@に直して下さい)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめまして (1)
伯爵と妖精 (37)
伯爵と妖精SS (1)
その他作品 (7)
日々 (13)
お茶 (10)
お知らせ (5)
イベント (1)
イギリス旅行 (9)
2013年春ヨーロッパ旅行 (9)
イギリス旅行2 (7)
スコットランド旅行 (22)
未分類 (0)
英国南西部の旅 (22)